INTER TECH

Home > 住居・家屋> INTER TECH

オーダーキッチン【INTERTECH】


リフォームの関連情報

リフォームとは、居住の改築や改装のことで、特に内外装の改装を差す和製英語。 英語の reform は「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」の意であり、日本語の「住宅リフォーム」に相当する語は renovation、refurbish である。また、建築業者の中には「リフォーム」ではなく、「家を作り直す」との意を込めて「リホーム」 (rehome) としているところもある(これも和製英語)。
※テキストはWikipedia より引用しています。

株式会社インターテックはお客様一人ひとりに合った、オーダーキッチンを設計製作しております。デザインと機能性を追求した高品質のキッチンを是非、東京・名古屋・大阪・埼玉のショールームでご覧下さい。洗面台の設計製作、オーダー家具のご依頼もどうぞ。

注文住宅やリフォームを行う家の中には、オーダーキッチンで使い勝手のよさや見た目、更にオリジナリティを追求することが少なくありません。上手に活用することによって、今までにない魅力的なキッチンに変化するといわれています。一般的に注文する流れとしては、まず第一にオーダーキッチンを取り扱っている企業のショールームにいきましょう。最初は見学だけでかまいませんので、どんなキッチンなら使いやすいのか、将来どんなキッチンにしたいのかをはっきりさせることが重要です。具体的なイメージを抱き、理想のキッチンに対するイメージを実現するのが、オーダーキッチンといえるでしょう。ポイントとして挙げられているのは、使いやすさと身長、収納の多さです。使いやすさは実際にショールームで複数のキッチンに触ってみて、どんな材質ならいいのか考えることです。たとえば、流し台はステンレスか人口大理石がいいのかということは、直接触って見なければわかりません。また、汚れ落ちのしやすさはどちらがいいのかといったことは、ショールームで実演されなければわからないでしょう。収納の多さや伸張による流し台の使いやすさも、実際に訪れなければわかりません。各メーカーのショールームに参加してある程度イメージを持つことも重要です。オーダーメイドで作る場合のイメージを具体的に伝えられるように、強いイメージを抱くことが何よりも大切といえます。イメージを具体的にする傍ら、どんな業者が信頼できるのか、仕上がりが納得できるのかを判断することも重要です。実際に利用した体験者からの意見を参考に、納得できる業者を見つけることも忘れないでください。業者によっては事前に見積もりを提供してくれるところが多いため、新築かリフォームか、前もって具体的に伝えて見積もりを取り寄せてみてもいいでしょう。満足できる施工やリフォームを行ってくれるように、双方が納得するまで打ち合わせることがポイントです。
PAGE TOP ↑